脂性でも部分的な混合肌なら、もともとは乾燥肌かもしれない。

混合肌はTゾーンなどはテカリやベタつきがあって、目元などは乾燥してしまうなどの、顔の中でも場所によって脂性肌と乾燥肌に別れてしまっていることが多いです。

このような場合、もともとは乾燥肌の可能性が高いです。

あなたはもともとは乾燥肌ではありませんでしたか?

乾燥しているお肌は、体の内側に残っている水分をこれ以上なくさないように自ら皮脂を分泌させて表皮からの水分の蒸発を防ごうとします。
また、水分不足になっているお肌はかなり敏感になっているのでお肌のトラブルのもとになるのを防ぐためにも皮脂を分泌させます。

毎日そのような状態を繰り返していると、常に過剰に皮脂が分泌され、テカリやベタつきの原因になってしまうのです。

症状や人によっては、皮脂が過剰に分泌される部分が炎症を起こしてしまう場合もあります。

特に鼻やおでこの辺りのべたつき易いTゾーンが赤くなりやすいなら要注意です。

脂っぽいと感じるとどうしてもサッパリしたいと思って、入念に洗顔してしまいがちですが、反対にまずは乾燥を対策をすると自然に、部分的な脂質性肌を改善できる可能性が高いということです。

乾燥を対策するには、水分の補給が大切です。
体内の水分の補給としては温かい飲み物を積極的に取り入れることが大切ですし、表皮にはパックなどをして水分を取り入れます。

また、食生活の見直しや睡眠不足の改善、ストレスの軽減や生活リズムを整え規則正しい生活を送ることも混合肌の改善になります。

混合肌の洗顔方法は、コツが必要です。
乾燥しがちな部分は泡を乗せる程度で洗顔し、皮脂が多い部分はくるくると泡でマッサージする感じで洗います。
そして、化粧水などでのスキンケアも乾燥している部分は化粧水をたっぷりと付けて、乳液や美容液をしっかりとつけます。皮脂が多い部分はサッとケアをして乳液なども薄くつけておくようにしてケアをしてみてください。

Powered by WordPress. Theme by Arinio