脂性肌の体質改善。食事で気をつけるべきこと

脂質性肌は化粧水などの基礎化粧品でも改善効果を期待することができますが、やはり体は栄養から成り立っていますからね、食事を気をつけることによっても改善効果を期待することができます。

食事から、脂質性肌を改善すると、体の内部からの改善ですので根本的な解決にも繋がりますます。

体質改善ですから、焦らず、ゆっくりと行うことが大切です。
急激に体の内部から変えようと思ってもうまくいかないので、ゆっくりとコツコツ続ける必要があります。

栄養面ではまず、ビタミンB2やB6を多く摂取するよう心がけるのがポイント。

ビタミンB2はお肌を健康に保つことができる働きもありますし、皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。
脂質性肌を改善したいのならビタミンB2は要の栄養素です。ビタミンB2の吸収率をあげるにはタンパク質と同時に摂取すると良いです。
ビタミンB2はチーズや納豆、緑茶、レバー、焼き海苔などに多く含まれています。お勧めレシピは鳥のささみ肉のチーズ焼きです。

ビタミンB6はどちらかと言うと、でてしまう皮脂を抑えるよりもでてしまった皮脂によって炎症してしまった肌トラブル(ニキビなど)を改善してくれる働きがあります。バナナやアボガド、玄米やきなこなどに多く含まれています。

反対に控えたほうが良い食品はやはり、脂分が多い食事です。

揚げ物やマーガリン・砂糖やアルコールは皮脂の分泌を増やしてしまう効果があります。絶対に食べてはいけないと言うわけではないですが、やはり少し量を減らすことからはじめてみてください。

また、腸内環境を整えることによって、脂質性肌を改善することも可能です。食物繊維の多い野菜やフルーツを朝食時に摂取すると効果的ですし、キノコなどもおすすめできる食品です。

最近でしたらグリーンスムージーなんかも良いですよね。

体質というのは、そのほとんどが食事から摂る栄養から出来ていますので、バランスよく食事をとって体の中から脂質性肌を改善していきましょう。

Powered by WordPress. Theme by Arinio