脂性肌の保湿について

脂質性肌の場合、乳液をつけるとベタつきなどが気になってしまいますし、ただでさえ脂が多いのに、乳液なんかつけたら余計脂まみれになってしまうと思い、乳液をつけないで保湿完了!としてしまう人がいます。

脂質性は2つのパターンに分けることができます。
乾燥が原因で皮脂が過剰分泌して脂質性肌になっている場合と、ホルモンバランスなどで皮脂が過剰分泌している場合です。

乾燥が原因として脂質性肌になっている場合は、保湿によるケアは必ずしてください。いま以上乾燥にさせてしまうとニキビや皮膚炎などの原因になったりしてしまいます。
化粧水などでしっかりと水分を補給したら、乳液で蓋をして美容液などで再度保湿を強化します。
夜は朝の2倍くらい保湿するのがおすすめです。十分な保湿は肌の代謝も促進してくれます。

ホルモンバランスなどが原因で脂質性肌になっている場合は、化粧水は必須アイテムですが、乳液は必要だと思えば使用しても良いという位です。
できれば薄くお肌に伸ばしておく程度使用したほうが良いと思いますが、選んだ化粧品にもよりますから良く確認して利用してください。

大人の場合、脂質性肌の原因のほとんどが乾燥によるものからきています。
なのでできるだけ、保湿をするようにしてお肌を乾燥から守り、適度な皮脂が分泌されるように上手にコントロールしてあげるようにしてください。

また、乾燥しがちな目元などはしっかりと乳液をつけて美容液などで重ねづけをして、しっかりと水分を逃さないようにしておくと脂質性肌のケアの他にしわなどの年齢肌の対策にもなります。

夏は汗をかいてべたつき易いのでついつい保湿を忘れてしまいがちですが、汗と一緒にお肌の水分も逃げて皮膚の奥では乾燥しています。
浸透力の高いサッパリした保湿化粧品を使うなど、季節によって使い分けも良いかもしれませんね。

Powered by WordPress. Theme by Arinio